2010年06月12日

昨日はいい日、今日もまぁまぁ

今日は朝から未来(輝く未来略称)のミーティング、その後稽古でした。稽古については未来ブログで書こうと思うのでよかったら見てください。まだ書いてないけどね…

輝く未来稽古日記  http://gfuture.kimitoh.com/

今日気づいたことは、すきっぱらにアップルティーは気持ち悪い、です。サイゼリアでミーティングだったのですが、朝ごはんを食べず、なんか料理を注文するタイミングも逃してしまったためドリンクバーでしのいでいたのですが、まんまと気持ち悪くなってしまいました。…何の話や…。



今日は昨日の竹橋散策の巻について書こうと思います。


@近代美術館、工芸館『アール・デコ時代の工芸とデザイン』
東京国立近代美術館の工芸館に初めて行ってきました。とてもレトロでおしゃれなレンガづくりの建物です。この前東大駒場前にある日本民芸館に行ってきたのですが、そこで柳宗理の本に出会って以来、目下デザインについて興味深々な垣本なので、今回の展示はとてもおもしろかったのです。最近行った中でも指折り。というか、今までデザインとか工芸ってものへの関心が薄かったのでその反動なのか、見るだけで勉強になるというか、わくわくするというか…とにかくいい時間でした。何がって入場料安いしね。とくに、杉浦非水のデザインを見れたのが良かったです。彼は昔々の三越のポスターを書いてた人なんですが、とっても手が込んでるなと…手間がかかってるなと、その「手間」ってのがとても魅力的なんですよね。この前受けた授業で大林信彦監督が言ってた「汗」ってものを感じたような気がしました。


A『建築ってどこにあるの?』
美術館の方でやってる企画展です。7人の建築家による7つのインスタレーションが展示されています。これも非常によかったです。特に会場に入って最初にある「とうもろこし畑」と「赤縞」、「ある部屋の一日」っていうのがよかったです。詳しくは7月31日に8月企画のメンバーと「赤縞」内でやるじゅんじゅんさんのパフォーマンスを見に行くので、その時にでも書きます。今回は建築は何なのか、見付けることは出来なかったので今度はちょっと予習してから、その答えを探しに行こうかしら、とか。何度でも行きたくなる、そんな展示でしたよ。



この日は、8月企画メンバー、山中、ヒタチ、花村の4人でお好み焼きに行きました。顔合わせ的な、といってももはや身内なのでなんか楽しく会食しました。でも、がんばりたいな。明日が初稽古です。何しよう。(笑)



B『くもりときどきミートボール』
元は3D映画らしいのですが、DVDで見ました。主人公の発明によって空から食べ物が降ってくるというファンタジックなアニメーションです。私はピクサーとかこの系統の映画が特に好きな訳ではないのですが、これはおもしろかったです。特によかったのは、カメラマンのおっちゃんと最後の父親のセリフ…泣きました(笑)良かったら、ごはんでも食べながら見てください。



C今回のヤプー
主人公麟一郎はイース人(未来人)に感化されたクララに対して心中を謀りますが失敗し、ヤプーとして飼われるための検査を受けさせられることになります。クララはその間も、どんどんイース人化していき、もはや麟一郎のことを人間ではなくヤプーとして認識するようになります。そして二人の間に恋人から飼い主の家畜としての関係が芽生えようとしているのでした…ってかんじです。衝撃の事実としては、未来人はヤプーを水中移動用にして河童にしたり、金魚にして鉢に入れて飼ったり、はたまた生きた彫刻にしてみたり、挙句の果てには植物の肥料にしているのでした…。
なんでこんな変な話読んでるのかって、読みやすいんですよ。うん。


と言う訳で今から『ヴィヨンの妻』を見ます。寝そう。
おやすみなさい。
posted by カキモ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。